STIスポーツ祭りだけど……スバルの電動化は大丈夫なのか!?

STIスポーツ祭りだけど……スバルの電動化は大丈夫なのか!?

 諸般の事情からほとんどのメーカーが電動化を進めているが、ことにスバルはそこまでの勢いは……というイメージ。むしろ走り重視のSTIスポーツグレードをどんどん追加している状況で、まさに我が道を!! といった感じ。スバルはこのままでいいのか!? 電動化が進んでもスバルらしさは残せるの!?

文:永田恵一/写真:ベストカーWeb編集部

■フルモデルチェンジのスバル祭りだが……燃費向上と電動化が急務

フォレスターやレヴォーグなどほとんどのモデルに用意されているSTIスポーツモデル。人気なのだが、電動化が進むとどうなるのか!?
フォレスターやレヴォーグなどほとんどのモデルに用意されているSTIスポーツモデル。人気なのだが、電動化が進むとどうなるのか!?

 スバルの販売や業績は、日本やスバル全体の70%近くが売れる北米を中心に現在堅調。しかも今年は新型クロストレックと新型インプレッサのフルモデルチェンジという明るい話題もある。

 さらにこの2年でBRZとWRX S4というスポーツモデルのフルモデルチェンジに加え、日本ではSTIスポーツグレードが拡充されるなど、華やかさも感じられる。

 しかし、その中でスバル最大の課題は燃費の向上と、ハイブリッドカーや電気自動車という電動化である。燃費の向上と電動化はすでにほとんどのメーカーにとって急務となっている死活問題だけに、ここではスバルの電動化をスバルが発表したロードマップを含め考察してみた。

■スバルの最高燃費は16.4km/L!! リッター20超えは未だなし

現行ラインアップでもっとも低燃費なのはFFの新型クロストレック。リッター20km超えのモデルは未だなし……
現行ラインアップでもっとも低燃費なのはFFの新型クロストレック。リッター20km超えのモデルは未だなし……

 筆者は現行BRZを発売直後購入し、全体的には大満足している。燃費に関してもだいたい12km/L程度と、個人的には不満はない。ただ、この燃費は燃費のいい輸入車と比べると「うーん」と感じたのも事実だ。

 そう感じたのは、仕事で自宅から約90km先の箱根ターンパイクにBRZに近い存在となるBMW220iクーペ(184馬力の2リッターターボ+8速AT)で向かったときのこと。この道のり、自分のBRZだと燃費は暖機運転含め14km/L台といったところ。対し300kg近く重い220iクーペの燃費は同じように走ってなんと18km/L台と完敗だった。

 近年のスバル車の燃費は簡易なハイブリッドとなるe-BOXER含め似た印象で、少なくともここ数年スバル車に乗って「燃費いいなあ」と感じた記憶は残念ながらない。

 それもそのはずで、自社製のスバル車で現在燃費が一番いいのはFFのクロストレックFF車のWLTCモード16.4km/Lなのだ。ライバルのカローラクロスハイブリッド4WDがWLTCモード24.0km/L、実用燃費でも20.0km/Lが期待できるのを考えたら、BRZとBMW220iクーペ同様クロストレックも燃費で完敗なのは当然で、スバル車の燃費はこういった傾向のケースが多い。

 スバル車の燃費に関しては、現時点でも「燃費でスバル車が購入候補車から外した」と聞くことはあるが、現状は堅調に売れているだけに譲歩できるユーザーも少なくないのだろう。

次ページは : ■燃費規制は超痛手……切り札のソルテラも鳴かず飛ばずに

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ