EV時代も「雪道上等」!! ソルテラでも変わらぬ「スバルAWDの矜持」を雪の群馬で実感する!!

EV時代も「雪道上等」!! ソルテラでも変わらぬ「スバルAWDの矜持」を雪の群馬で実感する!!

 トヨタとスバルの共同開発で誕生したbZ4X/ソルテラ。スバルのAWD技術=X-MODEが選ばれ搭載されている。

 自動車評論家 国沢光宏氏が、その実力を雪の群馬サイクルスポーツセンターで試した。

●スバル ソルテラとは?…トヨタと共同開発したBEVのSUVで、SOLTERRA(ソルテラ)の車名は、ラテン語のSOL(太陽)とTERRA(大地)からなる造語。e-スバルグローバルプラットフォームを採用したスバルのBEV第1弾で、BEVでもスバルらしさを失わない、トヨタのリバッチではないことをアピール。

※本稿は2022年3月のものです
文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部、撮影/平野学
初出:『ベストカー』2022年4月10日号

【画像ギャラリー】雪の群馬サイクルスポーツセンターでスバル ソルテラに試乗!! スバルAWDの矜持を見る!(28枚)画像ギャラリー

■雪の群馬でソルテラを試す

雪の群馬サイクルスポーツセンターにて試乗したスバル ソルテラ。現役(だと思いたい)ラリードライバーの国沢氏が走る!

 bZ4Xの兄弟車となるソルテラの試乗会は何と雪道だという。

 考えてみたら雪道が初試乗になるクルマって新しい4WDシステムを採用したトヨタRAV4以来です。スバルも開発に深く関わったソルテラ、自信あるということなんだと思う。

 ちなみに電気自動車の駆動方式は駆動軸にモーター付くため、FFやFR、4WDより、FWD、RWD、AWDみたいに表記すべきなんだと思う。

 でも面倒なので当面はFFとRR、AWDにしておきたい。ということで雪道試乗の試乗車はAWDになる。

 コースはアップダウン多く&対向車とすれ違えないほど狭い大雪の群馬サイクルスポーツセンターだ。

 当然の如くまだ現役だと思いたいラリードライバーからすれば、全開しないとダメなコースです。というか滑らせるくらいで走らないとAWD性能など解らない。

 とりあえず「アクセル床!」。少し気になったのがレスポンス。どうやらギアのバックラッシュ音を出さないようするためらしく、ペダル踏んでからパワー出るまで少しタイムラグある。

 アクセルを頻繁にオンオフさせる雪道だと若干気になる感じ。とはいえ雪道でそんな運転するのってラリードライバーくらい。反省し、普通より少し元気なくらいのアクセルワークにしたら問題ないレベルになった。

 標準的に走っている限りパワーの出方は素直。滑りやすい道を歩く際、そっと足を降ろし、強く蹴らない。

 同様に普通のアクセルワークでソルテラに乗ると、モーター駆動らしくジンワリ雪面に駆動力を伝えてくれるため、エンジン車よりトラクションがかかっている。

 コーナーも同じ。2トン近い車重ながら、ハンドル切ると素直に曲がってくれる。雪道で一番怖いのはアンダーステア出まくるクルマ。

 ソルテラの場合、前後の重量配分がよくて低重心。クルマとしての基本バランスいいんだと思う。加えてブレーキの制御が緻密で上手! このあたりはスバルのノウハウか。

 コーナー立ち上がりでアクセル踏むと、後輪もしっかり駆動力をかけているらしく、テールスライド気味で加速していく。もう少し広い道ならテールアウト姿勢で走れそう。

車重は2トン近いが、前後重量配分に優れ、おまけに低重心だから、コーナーではハンドルを切れば素直に曲がる

 サスペンションはよ〜く動く。雪道って砂利道くらいデコボコしているが、しっかり追従している。bZ4Xと同じくソルテラの乗り心地、上々だと思う。電気自動車や普通のエンジン車に関係なく、サスペンションは滑らかに動かないとダメだ。

 素晴らしいことに最低地上高210mmと本格的なクロカン並み。最近SUVのカッコしてても最低地上高が低いモデル多くなったなか、どんな路面状況に出くわしたってお腹を擦ることなく走れそう。

 トラクションの奥行きを存分に感じたのはモーグル路。クロカンのようなホイールストロークがないため、派手に車輪が宙に浮く。なのにオートモードを選ぶと、グリップコントロールによりアクセルとブレーキ操作しないのに前に出て行く!

 エンジン車だと滑らかに駆動力かけるのは難しいけれど、モーターなら絶妙なコントロールができるのだろう。絶対的な駆動性能は、圧倒的に電気自動車優勢になっていくと感じさせられた。

 エンジン車よりも極悪路や、マッド路面でも強いそうな。電気自動車の時代になっても雪道上等です。

クルマとしての素性のよさがハンドリングに出ている

次ページは : ■ソルテラ vs ライバル輸入車対決!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ