今やあって当たり前の装備 オートマチックハイビームは万能なのか?

 ヘッドライトのロービームとハイビームは、それぞれの正式名称が「すれ違い用前照灯」と「走行用前照灯」と呼ばれるように、法規においてはハイビームが基本で、対向車や先行車がいるなど必要な場合にのみロービームを使うと定められている。

 しかし、それはヘッドライトの性能が低く、周りも暗く、クルマも少なかった自動車黎明期の話であり、現代の街頭などが増え、周りにクルマが密集している交通環境下においてハイビームを基本に走行することはなかなかできないというのが現実だ。

 それでも「明るく照射距離の長いハイビームをできるだけ使って、早めに周囲の情報を収集する」というのは適切にロービームとハイビームの切り替えができれば正しい行為であり、それを自動化したのがここ数年装着車が激増しているオートマチックハイビームなどと呼ばれるものである。

 当記事ではオートマチックハイビームを改めて紹介し、その是非などを考察していく。

文:永田恵一/写真:NISSAN、SUBARU、TOYOTA、LEXUS、HONDA、MITSUBISHI、AUDI、BMW、MERCEDES-BENZ、PEUGEOT、JAGUAR LAND ROVER、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】高性能の証!! ロー/ハイ切替自由自在 超個性的な顔つきが印象的な複雑怪奇なヘッドライトを搭載するクルマ10選


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ