空気を味方につける! 流体の力学を駆使するレースの空力技術は市販車にも有効なのか?【レーシングカーの技術を市販車へ】


 「レースは走る実験室」――これはホンダ創業者・本田宗一郎の言葉だが、実際にレースのために生み出され、後に公道用のクルマにも転用された技術は多い。過酷なレースで鍛えられた技術は、公道においても効果を発揮してくれるのだ。

 この記事では、レースにルーツを持ったロードカー用テクノロジーを紹介していきたい。第1回となる今回は、見た目上、最もわかりやすく、なおかつ効果も大きい空力(エアロ)テクノロジーだ。

文/長谷川 敦 写真/トヨタ、日産、フォルクスワーゲン、Newspress UK、Favcars.com

【画像ギャラリー】空力テクノロジーはレースカーなしには進化しなかった!(12枚)画像ギャラリー

飛び立つための翼から“押し付ける”ためのデバイスへ―ウイング―

空気を味方につける! レース生まれの空力デバイスはロードカーでも有効か?
1968年に登場したダッジ チャージャーはリアに大型のウイングを装備。本来の空力効果もさることながら、ルックス面でも強烈なインパクトを残した

 かつてのクルマにとって、空気は前に進むことを阻害する障害でしかなかった。そうした理由から、特にスピードを追求するレーシングカーやスポーツカーでは、ボディの形状を流線形に近づけて、どれだけ空気抵抗を少なくするのかが重要なポイントになっていた。だが、ある日誰かが空気の力を利用して車体を路面に押し付ければ、走行安定性、とりわけコーナリング性能を高められることに気がついた。

 そこで飛行機の翼(ウイング)をひっくり返して装着してみたところ、飛行機を離陸させる揚力とは逆向きの力(=ダウンフォース)が発生してマシンのグリップ力は飛躍的に向上し、これまでにないスピードでコーナーを駆け抜けられるようになった。これがレーシングカーにおけるウイングの発明である。

 ウイングの装着により空気抵抗自体は増えてしまうものの、ダウンフォースの増加による取り分のほうが大きく、すぐにウイングはレーシングカーのスダンダードパーツになり、それは現在でも続いている。

 レーシングカーにウイングが装着されるようになったのは1960年代中期だが、その60年代後半には早くもロードモデルでウイング装着車が登場。1968年のダッジ チャージャーにはリアに高々とそびえ立つウイングが装備されていた。  

 高速走行時に安定性を高めるウイングは、ロードカーでもスポーティなモデルを中心に装着されるようになった。しかし、そのサイズや形状には流行の影響もあり、最近ではあまり大型のリアウイングを採用せず、後出のディフューザーで安定性を確保するモデルが増えてきている。

小さなパーツでもその効果は絶大! ―リアスポイラー―

空気を味方につける! レース生まれの空力デバイスはロードカーでも有効か?
トランク後端にスポイラーを装着したダッジ チャージャー(1968年)。このサイズでも十分な効果が得られ、空気抵抗の増加も最小限に抑えることができる

 リアスポイラーもまた、車体を路面に押し付けることによって安定性を向上させるパーツだが、ウイングほど大がかりなものではなく、比較的簡単に装着可能な空力デバイスといえる。

 レーシングカーにおけるリアスポイラーの歴史はウイングより古く、1961年のフェラーリ 196ディノSPに装着されている。当時のレーシングカーは空気抵抗の低減を目的に水滴形のボディフォルムを採用していたが、こうした形状では高速走行時にリアが浮いて挙動が不安定になるという問題があった。このリフトを抑えるためにボディ最後部に装着された小型の突起状パーツがスポイラーだ。

 スポイラーの語源はスポイル(阻害する、損なう)で、文字どおりスムーズな空気の流れを阻害するパーツだが、スポイラーがあることによって空気流が上に跳ね上げられ、結果としてダウンフォースを発生する。これで走行安定性がアップし、場合によっては空気抵抗の低減にもつながる。

 レーシングカーで効果を上げたリアスポイラーもまたかなり早い時期にロードカーに導入されていて、しかもその車種はリアウイング同様にダッジ チャージャーだった。ロングテールの後端に装着されたリアスポイラーは、安定性向上だけでなく、ルックス上のアクセントにもなっていた。

 現在、シンプルながら空力性能向上に効果を発揮するリアスポイラーは、スポーティモデルにとどまらず多彩なカテゴリーのロードカーに装備され、その形状もさまざま。街中でも普通にリアスポイラー装着車を目にすることができる。

次ページは : 空気抵抗を上げずにダウンフォースを生み出すマジック―ディフューザー―