三菱のEV攻勢! 新型軽EVや販売が再開されるミニキャブミーブの動向は?

三菱のEV攻勢! 今秋に販売が再開されるミニキャブミーブや今春に発売予定の新型軽EVの動向は?

 2022年3月16日から開催された「第1回脱酸素経営EXPO」において、三菱自動車は、今秋から販売が再開される軽商用BEVのミニキャブミーブを出展した。このミニキャブミーブはどのようなモデルなのか? 

 そして日産と三菱の共同開発による三菱の新型軽EVや日産の軽EV・サクラはどんなモデルになるのか? 

 オートサロンで発表された三菱K-EVコンセプトXスタイルを踏まえて、発売時期、予想価格を含め、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/三菱自動車、日産、ベストカーweb編集部
トビラ写真は東京オートサロン2022に出展されたミニキャブミーブをベースとしたコンセプトカー「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」

【画像ギャラリー】地方都市の救世主となる!? 軽EVたちを画像で徹底チェック!(29枚)画像ギャラリー

■現在判明している情報は?

 今は国内で新車として売られるクルマの38%前後を軽自動車が占める。2022年2月に限ると、軽自動車の販売比率は40%に達した。

 この流れを受けて、日産と三菱は、合弁会社のNMKVによって軽自動車サイズのEV(軽自動車)を開発している。発売されるのは2022年4月以降だ。

 この点を日産の販売店に尋ねると「2022年4月以降に発売されることは確かだが、詳細はメーカーから聞いていないので分からない」と返答された。

 三菱の販売店では、ある程度の日程を把握していた。「2022年4月になると、新型軽EVの価格が明らかにされる。この後、5月には予約受注を開始する。正式な発表と発売は6月になる見込みだ。試乗車が販売店に配車されるのも6月以降だろう。

 外観は、すでに東京オートサロンにて披露されているコンセプトカー(K-EVコンセプトXスタイル)に準じたSUV風のデザインになる。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 220315_02_20220114-AU0I68331.jpg
「K-EVコンセプト Xスタイル」。軽自動車のeKクロスがベースだ

 日産と三菱の軽EVは、基本部分を共通化している。ただしフロントマスクは、三菱ブランドがダイナミックシールドの形状に仕上げる。これはデイズとeKクロス、ルークスとeKクロススペースの違いに準じる。

 ボディサイズは日産ブランドが明らかにされ、全長:3395mm、全幅:1475mm、全高:1655mmだ。全長と全幅は、軽自動車だからほかの車種と共通で、全高もデイズやeKクロスと同程度になる。

 ただし床下に駆動用リチウムイオン電池を搭載するから、既存の軽自動車に比べると、床が高くなる可能性がある。床の高いEVに多く見られる特徴として、腰が少し落ち込み、膝の持ち上がる着座姿勢になりやすい。

 軽EVの駆動用電池は、総電力量が20kWhとされる。アウトランダーPHEVの総電力量も20kWhだから、基本部分を共通化している可能性もある。アウトランダーPHEVのリチウムイオン電池は新開発され、20kWhの容量を持たせながら、サイズを小さく抑えた。冷却システムの効率も高めたから、軽EVにも適した機能を備える。

■バッテリー容量20kWhから見えること

 ちなみにほかのEVの総電力量は、リーフが40kWhと62kWh、ホンダeは35.5kWhだから、新しい軽EVの20kWhは小さな部類に属する。
 
 軽EVが1回の充電で走行できる距離は、WLTCモードで200km前後だろう。リーフの40kWh仕様の航続可能距離は322kmだから、20kWhで走る距離は161kmだが、軽自動車サイズのEVはボディも軽い。従って航続可能距離も200km前後まで延びる。

 ホンダeの総電力量は35.5kWhで、航続可能距離は259~283kmだ。20kWhで走行可能な距離は145~158kmだが、同様に軽EVの車両重量が軽いことを考えると、200kmが航続可能距離の基準になる。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03_IMk_52A0379-source-600x400.jpg
こちらは2019年の東京モーターショーに出展された日産の軽EVコンセプトカー「IMk」。電池容量的には航続距離160kmほどになりそうだが、軽量な分もっと走れるかもしれない

 そして日産では、補助金を差し引いたユーザーの実質購入価格が200万円以上としている。ただし補助金の交付額は、時期によって変化するので注意したい。実質購入価格が200万円以上とすれば、補助金の動向に応じて、価格も変わることになる。

 補助金を差し引いた実質購入価格が200万円以上なら、装備が充実した売れ筋、あるいは買い得グレードの価格は220万~230万円だ。デイズやeKクロスの売れ筋価格帯は、140万~170万円だから、軽EVは60万~80万円は高い。

 軽EVの価格をハイブリッド車に置き換えると、アクア、ノート、フィットe:HEVなど、コンパクトカーの売れ筋グレードと同程度だ。つまり軽EVの価格は、ノーマルエンジンを搭載する既存の軽自動車に比べると60万円以上も高いが、コンパクトカーのハイブリッドと比べれば吊り合う。

次ページは : ■購入価格200万円は「アリ」か