技術進化の最前線!? それとも分かりづらく退化!? シフトレバー七変化


 ATやCVTのシフトレバーが設置されている場所は、一般的なセンターコンソールにあるものから、インパネ下やステアリング横のコラムシフト、最近ではルームミラーに配置されるなど多種多様になってきた。

 シフト操作もゲート式やダイヤル式、ボタン式も多くなってきて、変速ポジションは一般的なP-R-N-D-Lから、LがBに変更になったり、2LやMモードが加えられたりと、日々進化している。

 そこで、普段あまりスポットがあたることの少ない、ATやCVTのシフトレバーについて、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が深掘りして解説する。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWeb編集部


■シフトのポジション、Bモードって何?

アルファードのシフトレバーはゲート式だが、このセレクターの位置取りをインパネシフトとするか、フロアシフトとするかは微妙だ。

 ATのシフトレバー、正確には「シフトセレクター」あるいは「セレクトレバー」と呼ぶべきなのかもしれないが、いまや電子制御で変速可能な“シフト・バイ・ワイア”技術によって、“セレクター”は大きな制約なくレイアウト可能となり、センターコンソールはもとよりインストルメントパネル、はてはルームミラーに近い場所のルーフ前端部にも設置できるようになった。

 ただし、どこにあってもよいというものではない。いま、ATのシフトレバーはどのように扱われているのか、眺めていくことにしよう。

 まずはシフトレバー/セレクターが、基本的にどのように仕立てられているのか見ていくと、レバーを移動させるシフトゲート(溝)の形状から見てみよう。

 一般的なのは直線状のストレート型だが、ゲートがジグザグ状に仕立てられたスタッガード型、アルファベットの文字のようにゲートが刻まれたJ/L/U字型などといったパターンがあるが、ゲート型の形状の利点はシフトレバーの移動だけで変速ポジションが変えられることだ。

 ATの変速ポジションは、P(パーキング)-R(リバース)-N(ニュートラル)-D(ドライブ)-L(ロー)が基本だが、低速モードとしてジムニーの4段ATのようにD/L間に「2」(2速モード)や「2L」が設定される場合もある。

DとLの間に2ポジションが配置されているジムニーの4速AT

 Dポジションのそばに、M(マニュアル)もしくはS(スポーツモード)が加わることも見られる。後述するスポーツカーなどでは、Dポジションを操作系として独立させることもある。

 ちなみにCVT(無段変速機構)で設定されたMポジションでは、多数の段数を電子制御で疑似的に設定して変速比を適宜変化させて、マニュアルシフトを実現している。

 最近では低速域の変速モードの「L」の代わりに「B」(ブレーキ:Brake)モードが設定されている場合がある。

 ダイハツのCVTは「B」モードとして設定しているのは、CVTが基本的に変速ギアをもたないゆえに、低速“ギア”の意味とも捉えられる「L」の表示を嫌ったのだろう、軽自動車/小型車すべてで「B」ポジションを設定している。

ダイハツの軽自動車用CVTやプリウス、カローラスポーツのハイブリッドモデルには「B」というシフトポジションが設定されている。「Brake:ブレーキ」の頭文字から採られ、従来のATのシフトポジションである「L」モードの役割を担う

JPNタクシーにもBモードが設定されている

■EVは回生ブレーキの強さを調整する機能を持つレバーとしてBモード設置

 EV(電気自動車)やエンジン/モーターを使うハイブリッドでも、モーターの制御機構を利用して低速域での変速を担う「B」モードが設定されるケースが多い。

 モーターを利用したエネルギー回生による充電とブレーキ機能を強める効果をもつため、電動化車両ではいわゆる“エンジンブレーキ”と類似した減速効果をもたらすことになる。

 EVでは回生ブレーキの強さを調整する機能をもつレバーとして「B」モードを用意。ハイブリッドでも「B」モードが設定され、エンジンでは駆動せずモーターのみでの減速/回生するシリーズ式ハイブリッド方式を採用する日産のノート/セレナの「e-POWER」や、プリウスや三菱アウトランダーPHEVのように、エンジンとモーターの機能を適宜駆動に利用するシリーズ/パラレル式でも「B」が設定されている。

 ちなみに、トヨタのハイブリッド車では「B」モードはストレート型に用意され、「D」レンジにマニュアルモードの「S」レンジが備われば「B」モードは用意されない設定となる。

セレナやノートe-POWERにもBモードを設置。写真はセレナe-POWER

トヨタの電動化車両を見ると、燃料電池車のミライは違和感のない位置にインパネ式シフトを装備。プリウスやプリウスPHVはセンターパネルの下部に独立気味にレイアウトされている。ミライのシフト機構には、マニュアル操作可能な「S」モードが備わる。写真はプリウスPHV

三菱アウトランダーPHEVのシフトレバーは“回生ブレーキ調整装置”として採用されている。手前にポジション表示を設置する

基本的に変速機構を必要としない日産リーフのシフト機構は、ちょうど手のひらに収まる大きさの“シフトボタン”を操作する

次ページは : ■シフト・バイ・ワイアの功罪

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ