ぶっちゃけ見た目が命でしょ!? 美容整形で成功したクルマたち

ぶっちゃけクルマは顔が命でしょ!? 美容整形で成功したクルマたち

 クルマを開発するにあたって、まずはサイズや機能を考慮し、そのうえでルックスを良くするためにエクステリアを造形する。しかし商品でもある市販車でユーザーが最初に目にするのがその外見であるのも事実。ここでしくじってしまったクルマの販売台数はやはり伸びない。そこでメーカーでは、売り上げを増やすことを目的にしばしばクルマの“美容整形”を断行する。

 今回は美容整形がうまくいったクルマを筆頭に、微妙な結果に終わったモデルも見ていくことにしたい。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ、日産、スバル、三菱、FavCars.com

【画像ギャラリー】美容整形が功を奏したクルマたちをもっと見る!(14枚)画像ギャラリー

フェイスリフト=美容整形で合ってる?

 クルマのマイナーチェンジなどで、その顔つきを変えることを「フェイスリフト」と呼んでいる。実はこのフェイスリフトを日本語に訳すと「美容整形」になるのだ。ただしフェイスリフトには「改築」や「模様替え」などといった意味もある。

 つまりフェイスリフトを行ったクルマは美容整形済みと言っても差し支えはない。マイナーチェンジだけでなく、フルモデルチェンジの際に大きく意匠を変えたクルマもフェイスリフトされたと言えるだろう。では、どんなクルマが美容整形で成功したのだろうか?

ソフト化路線で不評を跳ね返す 「トヨタ プリウス」

ぶっちゃけクルマは顔が命でしょ!? 美容整形で成功したクルマたち
現行型のトヨタ プリウス。右がマイナーチェンジ前のフェイスで、左が2018年にフェイスリフトされた後のもの。ヘッドライトの造形が大きく変化している

 世界初の量産型ハイブリッドカーとして1997年に登場したトヨタのプリウスも、現行型で数えて4代目。だが、この4代目が登場した時は、その顔つきを巡って賛否両論の意見が飛び交った。

 2015年に発表された4代目プリウスは、先代のイメージを大きく覆す攻撃的なスタイルでデビューした。基本的なラインは先代を踏襲するものの、ヘッドライト回りのデザインを大きく変え、シャープな印象を強調していた。

 この大胆なデザイン変更は一部で評価されたが、「歌舞伎顔」とも揶揄され、実際に先代までのような販売台数を記録できなかった。この事態を重く見たトヨタは2018年のマイナーチェンジでフェイスリフトを実行した。

 それまでエッジの効いた縦基調のヘッド&テールライトを変更し、上品な顔つきになって登場したマイナーチェンジ版は市場からも受け入れられ、再び販売台数を伸ばすことに成功した。人気にあぐらをかかず、思い切ったデザインに挑戦したトヨタの姿勢は評価できるが、やはりやりすぎはダメということか。

“カエル顔”へのチェンジには成功したが…… 「日産 マーチ」

ぶっちゃけクルマは顔が命でしょ!? 美容整形で成功したクルマたち
他の何モノにも似ていないルックスで強烈な印象を残した3代目日産 マーチ。カエル顔と呼ばれることもあったが、おおむね好意的な評価が多く売り上げも好調に

 日産が1982年にリリースしたコンパクトカーのマーチは、当時の同社ラインナップにはなかったリッターカーとして開発されていた。実用性を重視するこのクラスのクルマらしく、初代マーチでは各部に堅実な構成を採用し、著名デザイナーのジウジアーロが基本デザインを担当した外見も奇をてらわないコンサバティブなものだった。

 初代マーチは好評によるロングセラーモデルになり、1992年に2代目が登場するまで、10年に渡って生産が続けられた。そして登場した2代目マーチは初代に比べて丸みが増え、女性ドライバーへの訴求力がアップ。こちらもまた好セールスを記録している。

 3代目マーチの登場は2002年だったが、この3代目ではモデルの外見が大きく変更されていた。ルーフを含めてさらにボディ全体がラウンド化されるとともに、ヘッドライトの位置と形状が大幅に変わり、より愛嬌のあるフォルムへと生まれ変わっていたのだ。

 先代が好調だったのにもかかわらず大きく意匠を変更した日産の決断は吉と出て、3代目マーチの初年度売り上げは目標を上回り、街中で“カエル顔”のマーチを見かける機会も一気に増えた。

 マーチのモデルチェンジサイクルは国産車にしては長めで、4代目の登場は2010年になった。しかしこの4代目はデザインを含めて全体的に不評であり、販売成績は低迷してしまった。そのため欧州向けモデルは2017年に早くもモデルチェンジを行っているが、国内での販売はなし。それどころかシリーズ終了のウワサも流れている。マーチの未来は果たして?

次ページは : コロコロ変わる顔つきにユーザーも困惑? 「スバル インプレッサ」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ