日産の新型軽EVサクラ日本初試乗! 補助金込みで約178万円~すべてが軽を超えた新時代の寵児!


 2022年5月20日、日産は、リーフ、アリアに続く、量販EV第3弾となる軽規格の電気自動車「サクラ」を今夏に発売開始すると発表した。

 日産副社長の星野朝子氏が「軽のゲームチェンジャー」とする今回の新型サクラは、リーフの開発で培った技術をフル投入し、最新の電動パワートレインと、最新のインテリアアイテムも盛り込んだ意欲作。

 はたして、その実力はいかほどなのか? 神奈川県横須賀市追浜にある日産自動車GRANDRIVEで行われた事前試乗会で判明したサクラの全貌を紹介していこう。

文/吉川賢一
写真/佐藤正勝、日産自動車、トビラ写真(Adobe Stock@promolink)

【画像ギャラリー】軽を超えた日産の新型電気自動車SAKURAをすべてを見る!(62枚)画像ギャラリー

■航続距離は180km、バッテリー容量は20kWh、BEVエントリーモデルとして裾野を広げることが目的

日産の新型軽EV「サクラ」と筆者。サクラの第一印象は「とても軽には見えない!」
グレードはX。ボディカラーはソルベブルーメタリック/チタミニウムグレーメタリック特別塗装色。4.5J×14インチアルミホイール+155/65R14タイヤはX、Gグレードに標準装

 「軽の既成概念をサクラで覆し、BEVを普及させたい」という日産。サクラは日産のBEVエントリーモデルとして、裾野を広げることが目的であり、同日発表の兄弟車、三菱「eKクロスEV」のようにガソリン車の軽自動車、ekクロスのEV版といった戦略とはちょっと異なる。

 ちなみに、この「SAKURA(サクラ)」というネーミングは社員から募集して決まったという。日本を象徴する花である桜に由来し、「日本の電気自動車の時代を彩り、中心となるクルマになって欲しい」という願いが込められているそうだ。

 サクラをモチーフにした「隠れサクラ」をいくつかデザインに仕込んであるので、発見する楽しみもぜひ味わってほしい、とのことだ(日産サクラ・プロダクトマネージャー、Japan-ASEAN企画本部 商品企画部 日本商品グループ主担 鈴木理帆氏)。

 日産の調査によると、ガソリン車ユーザーの1日あたりの走行距離は、半数以上の53%が30km以下、30kmから100km以下が31%、100kmから180kmが10%だという。このデータから航続距離を180kmとしておけば、途中の追い充電なしで、94%の方の日常シーンをカバーでき、また30km未満の方であれば5日に1度の自宅で充電でOK、と判断したそうだ。

 むげにバッテリーを増やすことは「解」ではない。クルマの使われ方を真面目に調査し、20kWhという絶妙なバッテリー総容量におさめたようだ。

サクラの商品企画の取りまとめ役、Japan-ASEAN企画本部 商品企画部 日本商品グループ主担 鈴木理帆氏

■アリアの末弟のようなエクステリア、インテリアも軽を超えた質感

日産サクラX。アリアのデザインの流れを汲む末弟という印象
軽初となるプロジェクタータイプの薄型の3眼ヘッドランプを採用
>こちらは軽自動車、デイズハイウェイスター
バックドアには格子をヒントにしたワイドなLEDリアコンビネーションランプが特徴。アルミホイールは日本の伝統美を感じさせる「水引」からインスピレーションを得たデザイン。写真は4.5J×15インチ+165/55R15(メーカーオプション

 エクステリアデザインは、東京モーターショー2019で登場したコンセプトカー「IMk」そのものだ。

 デイズと共通するパーツは見当たらず、完全オリジナルとなる。発表会場ではサクラの横に同色ボディのアリアが並んでいたが、アリアの特徴を捉えたうえでそのまま縮小した、まさに「アリアの末っ子の弟」といった印象だ。

 軽初となるプロジェクタータイプの3眼ヘッドランプを採用した薄型ヘッドライトや、格子をヒントにしたというワイドなリアコンビネーションランプも、ハイセンスでおしゃれ。

 リアの「NISSAN」エンブレムも、立体文字の上にクリア板を被せており質感が高い。前後バンパーやホイールなど、ところどころに入った日本の伝統模様「水引」も、いいアクセントとなっている。車両右後方の充電ポートのキャップにまで、SAKURAロゴと水引模様が刻まれていた。

7インチメーターディスプレイ+9インチの統合型インターフェースディスプレイと全面ファブリック調のダッシュパネル&カッパーのフィニッシャーを組み合わせたサクラXのコクピット。とても軽とは思えない上質な空間が広がっていた
高級感を演出するカッパー色のフィニッシャー。その下には各種スイッチ類、電制シフト、eペダルなどのスイッチが並ぶ
助手席側のカップホルダーやロアボックスにはさりげなく桜の花びら模様が配置されている
ドアトリム下の水引きデザイン

 インテリアも、軽というカテゴリーを越えたクオリティ。7インチサイズの液晶メーターと9インチナビゲーションは、アリアやノートのように一枚板の上にレイアウトされている。よく見れば、2枚のディスプレイを並べただけなのだが、質感が良く感じられるのは、アリアやノート(ノートオーラ)の印象が良いからだろう。

 ダッシュボード上やドアトリムに貼られたファブリックは手触りが良く、また、防水仕様となっているので、液体がこぼれても拭けばキレイに掃除できる。ステアリングホイールは、中間グレード以上だと「アリアと同じデザイン」の2スポークタイプとなる。表皮も上質で、これまたいいクルマに乗っている感覚を与えてくれる。

 フロントシートは、ホールド性がやや少ないが、ソフトなタッチの優しいシートだ。後席も、デイズ譲りの前後ロングスライドが使えるので、居住性も抜群。

 最後方まで後席シートを移動すれば、膝前にはコブシ4個分のスペースはある。その辺のコンパクトカーよりも遥かに広く、見た目で使い勝手の良さが想像できる。

Xグレードのシート地はトリコット。座り心地は厚みがあり軽とは思えない印象
5対5分割可倒式リアシートを最後方にスライドすれば膝前空間はこぶし4個分のスペースが生まれる。写真は上級グレードのG、合皮+トリコット
荷室容量は107L。全高1700mm以下の軽ハイトワゴンのなかでクラストップレベルの荷室容量を誇る。段ボール(2L×6本)2ケースに加え、缶ケース(500ml×24本)など、大きな荷物も載せられる
手前のちょうどリアシート下。バッテリーバックは足元からフロアトンネル下に設置し、室内スペースを犠牲にしていない。また継ぎ足し充電でも安定した急速充電性能を発揮する、エアコン冷媒を用いたバッテリー冷却システムもここに設置されている

次ページは : ■軽ターボの2倍の最大トルク!! バッテリー冷却システムも